2014年07月05日

【選手】タイソン・ゲイ選手、1年間の出場停止明けで、9秒台をマーク!

ここ最近、「陸上短距離界」と「ドーピング」との関係については、今までにも増してメディアを賑わせている印象を受けます。


その渦中の人の1人、タイソン・ゲイ選手(アメリカ)が1年間の資格停止期間を終えて、久々にトラックに帰ってきました!

注目のレース結果は・・・

tyson_gay_2014_07_05.jpg

・・・9秒93の第2位。復帰初戦にして9秒台をマークしてくるあたり、さすが世界屈指のスプリンターと言えるでしょう。

このタイムであれば、「復帰初戦で華々しく優勝を飾り、9秒台をマーク」となってもおかしくないのですが・・・

このレースで圧倒的な走りを見せたのは、くしくも、同じアメリカ出身であり、同じくドーピングに関連する出場停止処分から復帰した経験がある、ジャスティン・ガトリン選手(アメリカ)。

そのタイムは「9秒80」、これはまた素晴らしいタイム!

こうして見ると、まだまだ優秀な選手を世界に送り出している短距離王国、アメリカは健在。

しかし、ボルト選手を筆頭に、ここ数年で「世界最強」の座を手中に納めているジャマイカの勢いには、まだまだ押されている印象が否めません。

それも、「ここぞ」という時に、優秀な選手たちがドーピングの問題で試合から遠ざかってしまうことも、1つの原因かもと思ってしまいます。

アメリカがそのタイトルを奪い返すというドラマを起こすためには、優秀な選手たちとドーピングの関係性について、国を挙げて取り組む必要があるかもしれません。
posted by sekaisaisoku at 12:42| Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

【選手】ウサイン・ボルト選手が足の怪我が影響して、数試合を欠場へ

世界最速の男は現在、足の故障により、調整に遅れが出ているようです。


6月と7月の大会への欠場を明かしていることから、1ヶ月ほどの調整は必要と考えていることでしょう。

今年は、オリンピックも世界陸上もない、どちらかと言うと各選手が「調整」「新たな挑戦」に時間を費やせる時。

世界最速と、それを常に上回るパフォーマンスを期待されるボルト選手にとって、今年の使い方は焦らず、じっくりと行くのも、悪くないかもしれません。

以前のように、「400m」に挑戦する姿も見てみたいと、少し期待もしてしまいます!!!



posted by sekaisaisoku at 11:34| Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

【選手】世界歴代2位の記録を持つ、タイソン・ゲイ選手が「1年間の出場停止」に!

今日の、「男子100m=ウサイン・ボルト選手」という世界的な構図を崩す可能性を持っていた、アメリカのタイソン・ゲイ選手が、何と、1年間の出場停止処分を受けることとなってしまいました。

「米国反ドーピング機関(USADA)は2日、昨年のドーピング検査で禁止薬物の筋肉増強剤に陽性反応を示した陸上男子短距離のタイソン・ゲイに対し、2013年6月から1年間の資格停止処分を科したと発表した。」


今回の件に関して、ゲイ選手は積極的に協力したため、通常このようなケースで選手に課せられる「2年」間の期間が「1年」間で済んだ、という背景もあるようです。

※鮮明な映像がご覧になりたい方は、オリンピック公式の動画を確認してみてください。

上記で獲得した、リレーのメダルは既に返還しているとのこと。

今年は、陸上競技界の2大イベント、「オリンピック」も「世界陸上」もない年。

現在、アメリカ代表として、ドーピングのペナルティから復活したガトリン選手の例もありますが、31歳を迎えたアメリカのエーススプリンターは、この1年間の過ごし方が今後の活躍への鍵になりそうです。
posted by sekaisaisoku at 13:04| Comment(0) | 選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。