2013年08月06日

【世界陸上2013】リンフォード・クリスティ選手以来の逸材が、イギリスから打倒ボルトを掲げ、ロシアの地へ乗り込む

イギリスの陸上界、男子100mにおいて、
「レジェンド」と称される選手がいます。

その人は、リンフォード・クリスティ(Linford Christie)選手。

1992年に行われたバルセロナオリンピックの男子100mにおいて、
前回大会でアメリカのスーパースター、カール・ルイス選手に次ぐ2位でゴールした、
その雪辱を果たす見事な走りで「金メダル」を獲得。



翌年行われた世界陸上1993シュツットガルト大会においても、
「金メダル」を獲得して、イギリスに100m最速の称号を持ち帰った英雄なのです。

彼の引退後、イギリス国内からは彼に迫るような存在の登場が待ち望まれてきました。

そして、今年、その存在が登場しようとしています。

彼の名は、ジェームス・ダサオル(James Dasaolu)選手。



今年のイギリス選手権、100mの準決勝にて、
イギリス史上リンフォード・クリスティ選手に次ぐ、歴代2位の9秒91の記録をたたき出したのです。

まだまだ、発展途上と言える、ダサオル選手。

「もっと速い選手と走ったら、もっと速く走れるよ」

とは、ダサオル選手のコメント。

参考記事:the guardian/James Dasaolu runs second fastest 100m in history by British athlete

18歳から本格的に陸上競技に取り組み始めた、
25歳の新星は果たして、どこまでロシアの地で記録を伸ばすのか。

ボルト選手を脅かすまでになれるのか?

彼の果てしない伸びに期待しましょう。
posted by sekaisaisoku at 02:39| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。