2013年08月03日

【世界陸上2013】大波乱、男子100m、世界王者を脅かす存在が次々と「欠場」決定

2013年8月10日から開催される、
世界陸上2013モスクワ大会。

そこでも注目競技とされている、
男子の100m。

ところが、今、この決戦の日を前に波乱が起きています。

それは、

現王者、無敵の帝王、ウサイン・ボルト選手の好敵手である、
世界トップレベルの選手たちが次々で「欠場」を決めているからです。

世界で現在、ボルトに次、人類史上2番目に速く100mを走る男、
アメリカのタイソン・ゲイ選手(アメリカ)は、
なんと、先日行われたドーピング検査において、「陽性」が判明、
直前で今回世界陸上の出場辞退を申し出たのです。

参考記事:タイソン・ゲイ 確認用の検体でも陽性 NHKニュース

また、前回の世界陸上2011テグ大会にて、
ボルト選手が予想外のフライング一発失格になる中、
彼の連覇を阻む形で世界の王者に輝いた、
同じジャマイカのヨハン・ブレイク選手が、
ハムストリングスの故障にて、これまた、欠場を決定。

世界陸上開催を前に、
隙あらば、ボルトの座を脅かすはずの、
好敵手(ライバル)たちがスタートラインにも立たずに、
姿を消していっているのです。

いったいどうなってしまうんだ〜、
人類最速を決めるこの争いは!

役者が揃わないままに、
ウサイン・ボルト選手があっさりと勝ちをさらってしまうのか?

それとも、新時代のスーパースターが、
何処からともなく登場するのか???
※個人的にはこれを期待しています。

ある意味、直前まで目が離せません。

どんなメンツで、
どんなドラマがモスクワの地で繰り広げられるのか、
実に楽しみです。
posted by sekaisaisoku at 13:11| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。