2013年08月08日

男子100m、世界陸上2013開幕前の世界のトップ10選手は彼らだ!

世界陸上2013モスクワ大会目前、現時点での世界ランキングトップ10に入っている、
選手をご紹介します。

■2013年 男子100m 世界ランキング(世界陸上直前編)

1位:タイソン・ゲイ(Tyson Gay)選手(アメリカ)9秒75
2位:ウサイン・ボルト(Usain Bolt)選手(ジャマイカ)9秒85
3位:ネスタ・カーター(Nesta Carter)選手(ジャマイカ)9秒87
4位:アサファ・パウエル(Asafa Powell)選手(ジャマイカ)9秒88
5位:ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)選手(アメリカ)9秒89
6位:ジェームス・ダサオル(James Dasaolu)選手(イギリス)9秒91
7位:ジミー・ヴィコ(Jimmy Vicaut)選手(フランス)9秒95
8位:マイク・ロジャーズ(Mike Rodgers)選手(アメリカ)9秒96
8位:ケマー・ベイリー・コール(Kemar Baily-Cole)選手(ジャマイカ)9秒96
8位:デンタリウス・ロック(Dentarious Locke)選手(アメリカ)9秒96

見ての通り、世界の上位は、アメリカ vs ジャマイカの一騎打ちの様相。

それに対して、期待の新星、イギリスのダサオル選手や、
フランスのヴィコ選手が一矢報いる形で入っています。

現時点では、世界で15名の選手が、
9秒台に突入するタイムをたたき出しています。

ところが、上記したトップ10のうち、
今回の世界陸上2013モスクワ大会、
男子100mにエントリーしているのは、7名。

今季世界ランキング1位のタイソン・ゲイ選手、
そして、同4位のアサファ・パウエル選手は、
どちらも先日発覚した「ドーピング疑惑」騒動により、
大会出場を辞退しています。

過去記事:【世界陸上2013】大波乱、男子100m、世界王者を脅かす存在が次々と「欠場」決定

そうなると、断然、ボルト選手が圧倒的な有利。

世界記録保持者でありながら、
今季も世界陸上出場者中、一番のタイムで乗り込む。

これ以上ない、万全の状況で決戦に挑む形になります。

ただし、同じジャマイカのカーター選手、
そして、今後こそ、もう一度頂点に返り咲きを狙う、
アメリカのガトリン選手の出来次第では、まだまだ勝負はわかりません。

フライングが1発退場になっていこう、
大きな大会において、記録もさることながら、
勝つ事すら、簡単ではなくなってきています。
posted by sekaisaisoku at 15:11| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。