2013年08月10日

【世界陸上2013】日本代表、桐生選手は今季世界ランキング1位に君臨!

世界陸上2013モスクワ大会目前、
各国の注目の選手たちは現地に入り、
調整を行っています。

そんななか、日本から男子100mに挑むのは、
桐生祥秀(Yoshihide Kiryu)選手、そして、山縣亮太(Ryota Yamagata)選手の2人。

それぞれ、日本歴代2位の10秒01という記録を持つ桐生選手、
そして、同5位の10秒07。

特に桐生選手に関しては、
今年10秒01をマークしたことによって、
「日本人初の9秒台」という期待が彼の肩には掛かっています。



そして彼への注目は日本国内だけに留まらず、
世界にも広がっています。

しかし、その観点は少し違うもののように見えます。

もちろん、日本国内で騒がれているように、
日本記録である「10秒00」を破ることであり、
それを達成することによって、日本人初9秒台に到達することも、
快挙と言えるものでしょう。

しかし、彼がこれだけ世界で注目を浴びた理由、
その記録的な挑戦においてだけではないのです。

それは、彼が今季男子100mにおいて、
「世界ランキング1位」に君臨しているという事実挙げられます。

「えっ」と思うかもしれませんが、
彼があるカテゴリーにおいて、正真正銘「今季世界一」なのです。

そのカテゴリーとは、ジュニア、そして、ユースという、
「年齢によるカテゴリー別」内でのこと。

最も一般的な世界ランキングは、
シニアカテゴリーと呼ばれる全年齢が共通のもので、
現時点においては、アメリカのタイソン・ゲイ選手が1位となっています。

過去記事:男子100m、世界陸上2013開幕前の世界のトップ10選手は彼らだ!

同時にあまり表向きには知られていませんが、
20歳未満であるジュニア、18歳未満であるユースカテゴリーにおいて、
今年2013年の世界トップに君臨するのが、桐生選手なのです。

しかも彼は、ジュニアカテゴリーにおいて、
世界記録である10秒01に並び、
世界記録保持者として、名前を刻むまでになっているのです。
※現在の男子100mジュニア世界記録保持者は、
2003年にトリンダードトバコのダレル・ブラウン選手です。

では、彼は世界記録保持者なのかと言うと、
実はそれがそうではないのです。

不運にも計測機器の不備を理由に、
世界的には公認記録としては、認められずに終わりました。

参考記事:産経ニュース/日本陸連が不備認める 桐生の記録非公認を受け

ただ、最終的に記録としては非公認には終わりましたが、
彼のパフォーマンスは世界ジュニア、そして、ユースカテゴリーにおいて、
世界一として今、世界からの注目を浴びているのです。

また、17歳という年齢と、
シニアレベルにおいて、世界一や、
世界記録に絡むことがないアジアエリアからの新星の登場に、
世界は「期待」と同時に、まだまだこれからの伸びには、
「未知数」というどっちつかずの見解があるのも、事実。

つまり、

「ジュニア選手がそのまま、シニアレベルでも、活躍出来るかは確証がない」

という声が強いのです。

彼は今回の世界陸上モスクワ大会にて、
日本代表として、初の決勝進出、
そして、夢の日本人初9秒台(=同時に日本記録達成)、
加えて、世界的にはジュニア、ユースカテゴリーの選手が、
どれだけシニアカテゴリーの選手と渡り合えるのか、
そんな期待を背負い、果たして、どれだけのパフォーマンスを発揮出来るのか。

ただ、間違いないのは、
世界陸上の場で9秒台を出す事が出来れば、
それは、上記した期待は一瞬にして満たしてしまう、
そんな可能性も十分です。

とにかく、シンプルに、
彼には「9秒台」を期待しましょう。

日本の桐生選手を越えて、
世界のKiryuになれるのか。


posted by sekaisaisoku at 11:19| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。