2013年08月10日

【世界陸上2013】ウサイン・ボルト選手、世界記録の可能性は?

今晩開催の世界陸上2013モスクワ大会。

初日からスタートする男子100mには、
花形競技としての、注目が集まっています。

その中でも当然のことながら、世界的には、
ウサイン・ボルト(Usain Bolt)選手(ジャマイカ)の、
「金メダル」争いという期待も少なからずあるとは思いますが、
今回の世界陸上においては、これまでボルト選手に競り勝った経験を持つ選手を含めて、
ライバルと目されていた選手の不出場を受けて、
彼の記録に対する期待の方が大きいように思えます。

そのボルト選手の記録。

目指すは自己ベスト記録でもあり、
世界記録、いや、人類最速記録である「9秒58」。



この記録をどこまで伸ばせるか、
これが今回彼に対する記録の期待になるでしょう。

今年は、9秒85がシーズンベストタイム
※世界で今季2番目の記録。1番はタイソン・ゲイ選手(アメリカ)。

昨年は、ロンドンオリンピックにおいて、9秒63の記録で金メダルを獲得しています。




これを踏まえて、彼が今回記録を出すためには、

1.フライングをせずにスタートを切る事
2.スタートが自身がしっくり来るスタートであること
3.先行する選手がおらず、リラックスして走れること
4.勝負だけにこだわらず、記録意識を自然と持っていること
5.風が味方になってくれること
6.レーストラック(競技上の環境)が記録が出しやすいものであること

が鍵になってくるでしょう。

フライングに関しては、
前回大会、世界陸上2011での決勝の記憶が蘇ります。

彼自身、頭を抱えて、
退場をするシーンは世界のため息を誘いました。

これは少なからず、以前から変更した、
フライングに対する新ルールの影響もあるでしょう。
※そのレースにおいて、どの選手がフライングをしたとしても、
一発で失格になってしまうというもの。
以前は、レース内で2回目以降が失格の対象でした。

これは彼の頭にもあるはずですが、
ロンドンオリンピックでは問題なく、スタートを切れています。

ただし、記録意識を持ちすぎると、
変な力みを生むばかりか、スタートを焦ってしまい、
フライングへ繋がるような小さな動き出しも生む可能性を秘めています。

スタートもドンピシャでなくても、
自分がしっくり来るスタートを切れることが大事でしょう。

焦っても良くないし、
かと言って、安全過ぎてもスタートから、
他の選手に先行されてしまい、焦りが出て、
中盤からの伸びが衰えてしまう可能性を秘めています。

また、勝負だけにこだわり過ぎると、
周りを意識しすぎて、伸びがなくなったり、
または、最後に勝ちを確信して、走りきる意識に繋がらない、
そんなこともあるかもしれません。

加えて、今回走るモスクワの競技場がある程度、
記録が出すやすい環境にあること。


これらの条件が全て揃ったとき、
彼がまた1つ、人類の可能性を、
引き上げてくれることでしょう。

まずは本日の予選。

どんな走りを見せてくれるのか、
彼の調子と競技場への相性を見る意味でもそこに注目しましょう。
posted by sekaisaisoku at 13:11| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。