2013年08月11日

【世界陸上2013】準決勝の組み合わせ発表!混戦のレースは必至!

いよいよ、今日、
モスクワの地で今季世界最速の男が決まります。

大きな波乱もなく終えた予選を受けて、
準決勝の組み合わせが発表されています。

決勝に行くためには、
各組で上位2着に入るか、
それとも、各組3着以下の選手をタイムで並べて、
上位の2名に入らなくてはいけません。

どの選手も順位の2位以内を狙って走ってくるのは必至。

■第1組
2 Bingtian Su (CHN)
3 Gabriel Mvumvure (ZIM)
4 Justin Gatlin (USA)
5 Nesta Carter (JAM)
6 Richard Thompson (TRI) 
7 Jimmy Vicaut (FRA) 
8 Anaso Jobodwana (RSA)
9 Harry Aikines-Aryeetey (GBR)

第1組は4レーンのガトリン選手(アメリカ)、
5レーンのカーター選手(ジャマイカ),
6レーンのトンプソン選手(トリンダードトバゴ)、
7レーンのヴィコ選手(フランス)を中心に、
進んでいく事になるでしょう。

今回の調子を見る限り、ガトリン選手、
カーター選手の一騎打ちになる気がしますが、
今回乗っているヴィコ選手がどれだけ食い込んでいけるのか。

あまり周りを牽制しなければ、
風など次第で9秒台は必要になってくるでしょう。


■第2組
2 Gabin Smellie (CAN)
3 James Dasaolu (GBR)
4 Kemar Bailey Cole (JAM)
5 Peimeng Zhang (CHN)
6 Nickel Ashmeade (JAM)
7 Christophe Lemaitre (FRA)
8 Jason Rogers (SKN)
9 Dwain Chambers (GBR)

中国のジャン選手がど真ん中からのスタート。

ジャマイカの2人を中心に展開するだろうレースにおいて、
その1人よりも先着することが、
ジャン選手としては決勝を確定させる条件になってくるでしょう。

彼の10秒04という中国記録を破るところに、
決勝進出の鍵があるでしょう。

フランスのエース、ルメートル選手が、
どれだけ復調してくるのか。

それ次第では、まだまだわからない準決勝の第2組。


■第3組
2 Samuel Francis (QAT)
3 Antoine Adams (SKN)
4 Mike Rogers (USA)
5 Usain Bolt (JAM)
6 Aaron Brown (CAN)
7 Keston Blendman (TRI)
8 Ramon Gittens (BAR)
9 Churandy Martina (NED)

準決勝最終組の第3組。

またしても、オオトリに控えているのが、
ウサイン・ボルト選手。

フライングがなければ、
予選の調子を見る限り、順当に決勝には進んでくるでしょう。

残りの座を誰が射止めるのか。

この組はボルト以外、混戦の様相。

予選で9秒台で1位通過をしているロジャーズ選手が、
一歩リードのように見えますが、
それぞれの実力を考えると、全然番狂わせはあり得るでしょう。

今の段階で、圧倒的な絶好調という選手を見つけられないだけに、
まだまだ油断ならない準決勝のレースになるでしょう。

ジャマイカ、アメリカ勢がどれだけ決勝に、
選手を送り込むのかに興味がありますが、
好調ぶりを予選で垣間見せたヴィコ選手(フランス)が、
どれだけタイムを伸ばしてくるのか、個人的には期待しています。

さて、誰が決勝の場に勝ち上がるのか。

楽しみに待ちましょう!!!!

posted by sekaisaisoku at 14:21| Comment(0) | 世界陸上2013モスクワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。