2013年09月07日

【ダイアモンドリーグ2013】世界陸上2013「金メダリスト」vs「銀メダリスト」、再戦の結果はいかに・・・?

2013年9月6日、場所は、ベルギー・ブリュッセル。

陸上競技のリーグ戦、
「ダイアモンドリーグ2013」の最終戦。

世界陸上2013/男子100m決勝の再戦となりました。

金メダリスト レジェンド/ウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)と、
銀メダリスト 復活のスプリンター/ジャスティン・ガトリン選手(アメリカ)の顔合わせ。

さて、その結果は・・・




まだまだ、世界王者に付け入る隙はなし!

世界陸上2013/男子100m決勝と同じような展開で、
ボルト選手が後半の追い上げであっさり全ての選手を置き去りにし、
1位でフィニッシュラインを通過!

タイムは「9秒80」と、
自身が今年出しているシーズンベスト(9秒77:今季世界ランキング2位)には及ばないものの、
それに次ぐ、今季世界ランキング3番目になる記録をマーク。

一方、世界陸上2013銀メダリストのガトリン選手は、
動きに固さが見られて、後半失速の4位。

同大会銅メダリストのカーター選手(ジャマイカ)は、
ガトリン選手よりも1つ順位が良い3位になるも、
同大会6位に終わったロジャーズ選手(アメリカ)が、
その鬱憤をはらすかのような走りで2人を抑えて、2位(9秒90)になっています。

このタイム(9秒90)が世界陸上2013の決勝で出ていたら、
ロジャーズ選手が銅メダルになれたのに・・・悔やまれるところです。

それにしても世界陸上2013の疲れがまだ残る中でのレースでも、
しっかりと9秒8台(ほとんど、9秒7台のタイム)で走ってくるボルト選手の安定感は圧巻。

来年はオリンピックも、世界陸上もない、
陸上競技界にとってはビッグイベントない、休息の1年。

ただ、この1年の使い方がその後の世界陸上、オリンピックの結果に、
大きな違いを生む事も事実。

それぞれ、1年という時間を調整に使う選手もいれば、
専門とは違う距離、競技に挑戦して、新たな試みを行う選手も。

果たして、ボルト選手はどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

楽しみにしましょう。
posted by sekaisaisoku at 00:00| Comment(1) | ダイアモンドリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ボルトはもう世界記録を出せないかもしれませんね。

次世代を担うスプリンターがもっとたくさん出てきてくれる事を祈るばかりです。
Posted by 速く走る方法@道産子スプリンター at 2013年10月03日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。